プロフィール

スポンサーリンク

まずは自己紹介をします

はじめまして。
ひまつぶしーずと申します。

生まれは鹿児島。
今はそれなりの都会に住んでおります。

趣味は、読書・散歩・将棋。ときどきゴルフ。

好きな作家さんは、灰谷健次郎さん、森見登美彦さん、村上春樹さん、伊坂幸太郎さん。
好きな漫画家は、あだち充さん、羽海野チカさん。
小説も漫画もビジネス本でも、活字ならジャンルを気にせず読みます。

『行間を読む』というと、通ぶるようで恥ずかしいですが、
こちらに委ねてくれる作者が好きみたいです。

人生の『余白』や『間』を大事にしたい

続いて、ブログを書くに至った話をします。

都会に出てきて感じたこと。

それは『人生における「余白」や「間」が少ない』です。
簡単に言うと、みんな忙しそうだということです。

効率的で、スピード感があって、
負けじと全速力で10年ほど私も駆け抜けてみました
幸せになりたいが故に。

大きな挫折を感じました

駆け上がるには、人を踏み台にして、非効率を捨てなきゃいけない。
社員として、一時期は月に60万程貰いながら、部下を40人程動かす立場にもなりました。

その間に私は、大切にしていた人生の余白や間、信用や信頼をどこかに置いてきてしまったみたいです。
仕事で信頼していた方に裏切られ、とかげのしっぽ切りのようにミスを押し付けられてしまいました。

よくある話なのかもしれません。
そんな事で傷ついていたら生きていけないよ、と言われてしまうかもしれません。

もう、なにもかもに嫌気がさしてしまいました

人生を好転する言葉に出会いました

今思うと、どうかしていたのかもしれません。
「幸せ」というワードをインターネットで検索していました。
幸せは、インターネットの中にある訳では無いのに。

運が良かったのかもしれません。
そして出会えたのです

座右の銘人生は暇つぶし』という言葉に。

そこから少しずつ人生における暇を、余白や間を取り戻すことが出来るようになり、今があります。

※『人生は暇つぶし』という名言についてまとめてみました。


私がブログを書く意味

私がブログを書き始めたのは、
当時の私を救ってくれた

『人生は暇つぶし』

という名言を、昔の私のような状態の人に伝えたい。
もっと大勢の人が人生を好転するきっかけの1つになれば、と思ったからです。

更に言えば、すぐに迷走しそうな自分に向けて、
大切なものに気付き戻れる場を用意する為
でもあります。
1週間に一回でも、1ヵ月に一回でもブログを書いていれば迷走したときに気付けます。

名前の『ひまつぶしーず』についても、然りです。
仕事をしていても、避けがたいつらい経験をしても、
おいおい、お前はただ暇つぶししてるだけだろ、って自分に言い聞かせる為です。

暇をつくり、暇つぶしを楽しめると人生は好転していきます。


どんなブログを書いていくのか

これから私が書いていくブログは、

  • 人生が充実している
  • 趣味が楽しくて仕方がない
  • 自分が何をすべきか分かっている

というような人には、少し物足りないと思われる内容になっていると思います。

なぜか。

それは、昔の私が

  • 仕事に追われており心の余裕が無かった
  • 時間に追われていた
  • ゆっくりと考える余力もなかった
  • 睡眠時間すら満足に用意出来ていなかった。

このような状況になった時に、流し読みで見れるもの、を想定しているからです。

ちょっとした隙間に刺さるように

  1. あまり考えなくて済むように文章を少なめに
  2. 何に興味が湧くか分からない状態なので、種類はとにかく豊富に
  3. 流し読みしやすいように

を心掛けてコンテンツを作っていきます
(力量が上がり次第、リライトして、より良くしていきます)

今後は

薄く浅く、まずはきっかけを与えられる暇つぶしサイトを作るのが第一目標です。

いずれは、

  • 趣味を深堀りする方法
  • 自分が楽しいと感じることをしながらお金を稼ぐ方法
  • 行動心理学を用いてより趣味を極める方法
  • 人生の余裕を作り出す方法

なんかを提供出来るサイトをつくれたらな、と考えています。

終わりに

真面目に書き過ぎました。

このブログは、5分でも10分でも1人でも出来る
『ちょっとした隙間時間に、ただ暇つぶしをするブログ』です。

楽に流し読みしてもらいながら、少しでも人生の楽しみを見つけてもらえると幸いです。

そして、周りに疲れ切っている人がもし居たら、そっとこのブログを共有して欲しいです。
(そういうブログを目指しています。)

「無理しないで」「休んだ方が良いよ」と言っても、その人の心に届かないことが多いです。

残念な事に、『本当に大事な事は、自分で気付くしかない』のです。

更新についても一生続けていきたいので、一生懸命やる時期もあれば、更新しない月もあって良いと自分に言い聞かせております。

こんな ひまつぶしーず ですが、温かい目で見守ってくださると幸いです。

よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました